スポンサーリンク
イギリスで家を買う!

時をかけぬける家 (A House Through Time)

古い家には物語がある 私のイギリス人の親戚の人は、毎年のように壁を塗り替え、サンルーム(コンサーバトリー)をつけ、バスルームを取り替え、、、などしている。 自分のライフスタイルや感性を家に反映させて家が変わっていくので、もう家と住ん...
イギリスで家を買う!

イギリスの家の間取りと特徴

一戸建ては郊外、長屋住宅は街に多い 長屋住宅(テラスドハウス) 左の写真は「漁師のコテージ」と呼ばれる昔漁師の住まいだったと思われる海辺の長屋住宅で、庭がなくて道路にそのまま玄関がある。 イギリスの都市部や街では、この家の...
イギリスで家を買う!

イギリスの家の買い付け、通りました!

イギリスの家探し、これで終わりか?! 私が写真を見て、イギリス文学に出てきそうな家!と思った、希望通り築年数100年以上の家(推定年数、左右がつながっているの長屋の1件。イギリスは一般的)。 申し込みを入れた家の、買い付けが、通った...
イギリスで家を買う!

イギリスの煙突と暖炉のこと

イギリスの家に必ずある煙突と暖炉のこと、イギリスの家の暖房設備のことなどをイギリス人に聞いてみたよ。イギリスの煙突の数は何を意味するの? いつ頃まで本物の暖炉を使っていたの? デロンギのヒーターの中には何が通っているの?など。
オルタナティブな映画と本とストーリー

イギリスの小説に現れる家

十分な生活費を稼ぐより、なぜか地元文学の編纂に生涯を費やした祖父の影響なのか、家に本だけはたくさんあった。子供時代のいろんな本が詰まった本棚の中でも、ふり返ればイギリスの小説にはまるで家が主人公のような話が多かった。 イギリス...
ロックダウンのイギリス

あと2週間でビザが切れたら、不法滞在者??!!!

イギリスでは段階的にロックダウンが緩められつつある イギリスでは3月23にロックダウンが発表され、予約していた3月末日本行き航空券が何の予告もなく、いつの間にかキャンセルされていました。 他のヨーロッパの都市経由便も検討しましたが、...
イギリスで家を買う!

家購入では地元の法律家が良い理由

この記事では日本とは全く違う、不動産売買を一任する法律家、「弁護士=Solicitor」について、説明していきます♪ なぜなら、イギリスでは不動産の売買を扱うのは、弁護士だから! (英語で「弁護士」という訳語は、かなりたくさんあ...
ロックダウンのイギリス

ロックダウンでケーキを焼くことにした

バナナがゴミ箱へと飛んで行った 先日夫に「妻の取説」をメールして以来、自分をもっと大切にしよう、と思って、ロックダウンで楽しめそうなこととして、キャロットケーキを焼くことにした。 なんで「自分を大切にすること」=「ケーキを焼くこと」...
イギリスで家を買う!

イギリスの家について夫婦げんか勃発後、夫に出したメール

イギリスの家について夫婦げんか勃発後、夫に出したメール コロナで帰国できずかつロックダウン中の時間を家の購入に使おう!と、イギリスで頻繁に物件を内見する日々、夫婦間で大げんかが勃発。 友達に向け書いたSNSのメッセージに対するコメン...
イギリス社会

イギリスの本屋事情

イギリスの本屋事情 イギリスでもリアル店舗の本屋は減りつつある 今住んでいる街はわりあい大きい街なのに*、本屋については私が知る限りたった1軒しかない。私が初めてこの街に住んだ30年前も確か、2軒しかなかった。でも2軒とも街の目...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました